おすすめの3dプリンターを導入すると立体化が実現する

レーザープリンターとは

トナー

一般の印刷機とは違うもの

キャノンのカラーレーザープリンターは印刷枚数やその解像度においてもインクジェットプリンターに比較して優れた面を多く持っています。ただ写真のプリントは光沢紙にはプリントできず、年賀はがきを使用する場合も普通紙のはがきを選択する必要があります。キャノンのカラーレーザープリンターの場合はインクカートリッジではなくマゼンタをはじめシアンやイエロー、ブラックといった4色のトナーカートリッジが使われます。プラスチックの容器の中にトナーの粒状色素が封入されていて、これを本体の各定位置にセットすることで何百枚、何千枚という量で印刷が可能となります。トナーの量も印刷するに従って減って来るものですが、これはパソコンの側で残量を絵グラフとして確認することが出来ます。キャノンのトナーは純正品が使われることが望ましいものですが、価格はその利用者がまだ少ないためか高額でもあります。しかしキャノンではこれの代替品としてリサイクルトナーと呼ばれるものも出回るようになっています。これは一度使われたプラスチック製の容器が回収されてリサイクル工場で分解を行なった後、洗浄をします。そして、部品交換をし、トナーの充填が行われ再使用できるようになっているものです。価格も純正品に比較して何分の1という低価格であり環境にも優しいとされています。汎用のトナーが充填に用いられている為に研究開発費がほぼかからず、又複数の企業がこれに参入することができる為に競争がなされ、それによって低価格化が実現できるとされています。